現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 各課一覧
  3. 企画課
  4. 情報防災係
  5. 新型コロナウイルスの感染拡大防止を踏まえた避難行動

新型コロナウイルスの感染拡大防止を踏まえた避難行動

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている中でも、地震や大雨などの災害はいつ起きるか分かりません。
新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえた避難行動の注意点を整理しましたので、あらかじめご家族などで話合い、適切な避難行動をとれるよう確認しておきましょう。

コロナ渦での避難のポイント

災害時に危険な場所にいる人は避難することが原則ですが、同時に感染拡大防止対策を行う必要があります。
以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 避難とは「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。安全な場所の人が避難すると過密状態になってしまいます。
  2. 避難先は、小中学校や公共施設だけではありません。密を避けるため、安全な親戚・知人宅に避難することも考えてみましょう。
  3. マスク・消毒液・体温計が不足しています。できるだけ自ら携行して下さい。
  • 知っておくべき5つのポイント

避難行動判定フロー

適切な避難行動をとるため、ハザードマップとあわせて避難行動フローを確認しておきましょう。
避難行動判定フロー(1)
避難行動判定フロー(2)
避難情報のポイント(1)
避難情報のポイント(2)
小学生向けの「避難行動判定フロー」は、ご家庭での防災教育にお役立てください。
  • 小学生向け「避難行動判定フロー」

お問い合せ先

企画課 情報防災係

PC版へ