現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 各課一覧
  3. 企画課
  4. 未来創生係
  5. 冬期間の空き家管理しっかりと

冬期間の空き家管理しっかりと

所有者は屋根雪に注意が必要です

雪下ろしは所有者の責任

空き家は、所有者や管理者の目が届きにくいため、雪庇(せっぴ)が落下して隣の建物を壊したり、通路をふさいだりするなど重大な事故につながるケースがあります。
所有する建物が原因で被害を与えた場合は、所有者や管理者がその責任を負うことが法律で定められています。人命に関わることになると取り返しがつきません。

冬期間の空き家の管理

  1. 空き家の状態がどうなっているのかを定期的に確認してください。
  2. 所有者などが自分で建物を確認できない場合は、親類や近所の人などに依頼し、空き家の状態を把握するよう、努めてください。
  3. 建物が損傷している場合は、部材が飛散しないように処置してください。
  4. 周囲の建物や道路に大きな雪庇(せっぴ)の塊が落下しないよう、小さいうちに落として除雪してください。
  5. 屋根の雪が大量になるまで放置せず、適切な時期に雪下ろしをしてください。

管理不十分な空き家があったら

適正に管理されていない状況で、所有者などがわからない空き家については、企画課未来創生係までご連絡ください。

お問い合せ先

企画課 未来創生係

  • 住所:郵便番号048-2492 北海道余市郡仁木町西町1丁目36番地1
  • 電話番号:0135-32-3953
  • ファクシミリ:0135-32-2700
  • メール:kikaku02-niki@town.niki.hokkaido.jp

スマートフォン版へ